フリル放送局~2回目

こんにちは、超短期集中型人間なので長時間椅子に座っていられない仆破フリルです。私から本や携帯を取り上げたところで忍法空想に耽る術にんにん!をしてしまうので誰も為す術がありませんよ。はぁ、そういう時は歌詞の入っていない曲を流しながら作業するのが一番よね~ということで今日は好きなクラッシック音楽のお話をします!ここから下書き📝

・ 

https://m.youtube.com/watch?v=kN5JhW-iQ4w

金平糖の精の踊り(くるみ割り人形より)/チャイコフスキー

バレエ音楽の巨匠チャイコフスキーが手がけた最後の組曲くるみ割り人形の小曲です。耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?(小学生の時に友達に借りたカセット「とんがりボウシと魔法の365日」のサントラにも使われていた)もはやこの曲はドラッグミュージックですよ(笑)聴き続けると自律神経が乱れてしまうけど…でも脳は欲してしまうんだ…といったサイクル。ズンチャッズンチャッという2拍子のリズムが癖になる。またメロディに畳み掛けるようにチャラチャラチャーンと下降音階が入るのも不可思議さを際立てている要素ですね。可愛いふりしてあの子わりとやるもんだねと~ という感じ。名前に騙されたらダメ!

https://sp.nicovideo.jp/watch/sm19815036

水の戯れ/ラヴェル

均一なリズムで綺麗に奏でられる和音、惚れてまうやろ。あちらこちらに飛び跳ねる水は無邪気で自由奔放に見える一方、水面でピンと琴線を張る緊張感や自然の摂理に身を委ねるような不自由を受け入れる素直さも感じ取れます。とても計算高い曲らしい。天然バカを侮ってはいけませんよみなさん…。ゲスの極み乙女。さんのインストゥルメンタルナンバー「列車クラッシックさん」にも使われています。そちらも併せて聴いてみてください。

https://open.spotify.com/track/2KE7U9LmFAilycw24GyorZ?si=Xho688J7Rl6G89O2iVS2BQ

https://m.youtube.com/watch?v=BaIFhDcG6VI

水族館(動物の謝肉祭より)/サンサーンス

ワケありで亡くなるまで身内間でしか公開していなかったらしい。文豪とか、引き出しに隠していた秘蔵書を死後公開されちゃったりして恥ずかしいよね。ファイナンシャルプランナーフリルは生きている間に自らの手で処分することをおすすめします。でもこうやって素晴らしい楽曲に出会えちゃったりするからそうとも限らないね。水槽の中で泳ぐ魚。装飾音が尾ビレを靡かせる。水槽の中だから外敵がいないはずなんだけど、混浴しているザリガニが空腹になるとキラリと眼を光らせてくる。恐怖心を抱えつつも美しさを振りまき、人間たちを魅了する。魚の伊吹が強かに表現されている、そんな一曲。(超私的解釈)

https://m.youtube.com/watch?v=mbqJ-SeVp20

月光 第3章/ベートーヴェン

章を追うごとにテンポが早くなるのですが、最終章のこの曲の迫力と言ったら凄まじいです。これくらい音楽で昇華できたら一時的かもしれないけど救われるんだろうな。私は苦しんでいる時、その場を脱する為のアドバイスではなく共に苦しんで気持ちに寄り添って欲しいのですが、そんなワガママを人には言えないのでやはり音楽は生き甲斐。大森靖子さんが作詞作曲された℃-uteさんの「夢幻クライマックス」にも使用されています。

https://m.youtube.com/watch?v=UBmBGKjFuRQ 

ちなみに第一章だと世界で唯一のトイピアニスト、マーガレット・レン・タンさんがピーナッツのシュローダーのごとく演奏しているのが素敵でよく聴きます。

https://m.youtube.com/watch?v=W4NLmCGAhxQ&list=PL_s3tsefeYX7La8abyyPwNl5koBMn0d9x&index=9

https://m.youtube.com/watch?v=pGbh_oAwuOE

即興曲 2番/シューベルト

ピアノを辞めてから(ピアノ習ってた)2年ぶりにちゃんと譜読みした曲。アニメ「ブンナよ木からおりてこい」のイメージを重ねて弾いています。トノサマ蛙ブンナと美少女蛙ユウナが水の中で泳いでいるシーンが序説。弱起の曲で小節ごとに流れが止まることがないので水の中に潜り込むような感じがするんですよね。そして好奇心から木の上に登り広い世界を見ていくなかで自分の無知さを知らしめられていく~といった流れで曲が展開していくみたいな。ワロタwこんなこと考えて弾いてるって人~?🤚🏻絶対いないな…。

fineです!次回はどんな曲を紹介しましょう、それではまた~🩰